ここから本文です

4500円で韓国へ 「青春18きっぷ」利用で下関発フェリー運賃を割引 関釜フェリー

6/14(水) 10:40配信

乗りものニュース

夏休み期間に実施

 関釜フェリーは2017年6月13日(火)、「青春18きっぷ」の利用者へ向けて、関釜航路のフェリー運賃が50%割引になる「“青春18きっぷ旅”大応援キャンペーン」を実施すると発表しました。

【写真】山陽本線の普通列車などが発着する下関駅

 これは、「青春18きっぷ」を利用して山口県下関市を訪れる人を対象に、下関と韓国の釜山を結ぶフェリーの2等片道大人運賃9000円を4500円に割引するというもの。1等や特等船室は、等級差額を支払うことで利用できます。なお、下関港と釜山港の港湾施設利用料、燃油サーチャージは別途必要です。

 期間は、「青春18きっぷ」の夏季利用期間と同じ7月20日(木)から9月10日(日)まで。対象は下関発乗船便(8月13日下関発と8月14日、15日釜山発は除く)です。往復利用の場合は、9月20日(水)釜山発まで適用可能。電話予約時に割引利用の旨を伝え、下関港で「青春18きっぷ」を提示の上、申請書を提出すると割引が適用されます。対象人数は代表者を含め最大5人まで。乗船日の2か月前から予約を受け付けます。

 同社は「青春18きっぷの販売期間に合わせ、幅広い世代の皆様が、『国内』から『海外』へ旅の関心を持っていただける機会になることを期待しております」としています。

乗りものニュース編集部