ここから本文です

マイクロソフトがXbox One X発表。シリーズ最小にして最上位!

6/14(水) 18:21配信

Stereo Sound ONLINE

4K&HDR、アトモス/DTS:Xに対応

 マイクロソフトは、米国ロサンゼルスで開催中の世界最大のコンピューターゲーム見本市「E3」(Electronic Entertainment Expo)にて、据置き型ゲーム機の最新モデルとなる「Xbox One X」(エックスボックス・ワン・エックス)を発表した。

 発売日は米国で11月7日、価格は499米ドル(現行モデルは併売)。ただし、日本国内での発売日、価格は未定。

 Xbox One Xは、Xbox Oneの性能強化モデルにしてシリーズ最上位機。Xbox One用ゲームソフトがプレイできる互換性を保ちつつ、4K/60p出力や、HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)表現、ドルビーアトモス/DTS:Xサラウンドへの対応を果たしている。光学ドライブは引きつづきUHD Blu-rayに対応するため、UHD Blu-rayプレーヤーとしても利用できる。

 CPUはAMD製8コアプロセッサーを搭載し、動作周波数は2.3GHz。メインメモリー容量は12GB(GDDR5)、メモリー帯域幅は326GB/秒。GPUの処理能力は6テラFLOPS。内蔵ストレージは、HDDが1TB、フラッシュメモリーが8GBとなっている。接続端子はHDMI入出力各1系統、USBタイプA 3系統、デジタル音声出力1系統(光)、LAN端子などを備える。

 Xbox One Xは、現行のXbox One比で40%以上パワーアップした上、筐体のサイズはシリーズ最小を実現したとのことだ。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:6/15(木) 10:08
Stereo Sound ONLINE