ここから本文です

【映像】衰え知らず 91歳の女性体操選手 ドイツ

6/14(水) 17:39配信

アフロ

 ドイツ・ベルリンで3日から10日まで行われていた「Internationales Deutsches Turnfest(ドイツ国際体操祭)」に、91歳の女性体操選手が出場し、軽快な演技を披露した。

 世界最高齢の体操選手として知られるヨハンナ・クアーズ(Johanna Quaas)さんは6日、ドイツ国際体操祭の女性70歳以上の部に最年長出場し、平行棒の上で、逆さまになったり、腕のみで体を支えるなど、高齢を感じさせない身のこなしで演技を次々と披露した。観客席からは技が決まる度に拍手が送られていた。

 ヨハンナさんは1964年の夏季五輪(東京)でドイツ体操女子選手を指導するなど、これまでドイツ体操界を牽引してきた人物で、毎日欠かさず体操や水泳を行うなど、元気いっぱいの生活を送っているという。

 今回、競技の結果は4位に終わったが、これからも活躍が期待できる。

(ドイツ、ベルリン、2017年6月6日 映像:Newsflare/AFLO)

最終更新:6/14(水) 17:39
アフロ