ここから本文です

小栗旬 主演ドラマ「BORDER」が再始動、3年ぶり新作の放送決定

6/14(水) 17:12配信

トレンドニュース(GYAO)

小栗旬が主演を務めた刑事ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)が、放送終了から3年の時を経て再始動する。映像配信サービス「GYAO!」では、過去作品を無料配信中。

【無料配信】<特選>BORDER 第一話「発現」>>

「BORDER」は、小説家の金城一紀さんが原案・脚本を担当したヒューマンサスペンス。死者と対話する能力を身につけた主人公の刑事・石川安吾(小栗旬)が、正義と悪などさまざまな境界に直面しながら命と向き合う姿を描いた物語だ。2014年にテレビドラマが放送されて人気を集めたが、今年ドラマスペシャル「BORDER2贖罪」が放送されることが発表された。

再始動が決まり、小栗は、「石川という役に戻ることは、とても過酷ですが、楽しみに待っていただいている方たちのためにも、一生懸命に向き合いたいと思います」と公式サイトでコメントしている。

原案・脚本を担当した金城一紀さんは、過去ドラマを見た多くの人々から「あのラストシーンのあと、石川はどうなったんですか?」と聞かれていたことを明かす。最終話の脚本を書き上げた直後にプロデューサーからも同じ質問をされて、新たな物語の構想を話して聞かせたそう。そのときプロデューサーから「いろいろなタイミングが合い、時が満ちたら、必ず新しい石川の物語を作りましょう」と言われたとして「新しい石川の物語は、“あのラストシーン”から幕を開けます」と明かした。

また、山田兼司プロデューサーは、「石川安吾という難役を前人未到の深さで演じきった主演・小栗旬さんと、圧倒的な物語の力でBORDERという世界を描ききった原案&脚本・金城一紀さんの奇跡のタッグが再始動します」とアピールしている。

「BORDER2贖罪」制作を記念して、「GYAO!」では、過去ドラマ全9話を6月18日までの期間限定で無料配信中。

(文/原田美紗@HEW)