ここから本文です

“ツヨカワ女王”RENA、シュートボクシング&女子格闘技を背負う! 7.7『Girls S-cup』開催

6/14(水) 12:00配信

AbemaTIMES

 毎年恒例となっているシュートボクシングの女子大会『Girls S-cup』が、今年は7月7日、TDCホールで開催されることとなった。

 RIZINでの活躍から、今やジャンルを超えて日本女子格闘技の象徴となった感もあるRENAは、この大会で成長したと言ってもいい。「Girls S-cupは私のための大会」という自負もあり、実際、この女子の祭典では負けなしだ。

 今回は女子格闘技のさらなる盛り上げのため、RIZINが全面協力。6月13回の記者会見には榊原信行実行委員長も出席している。

 会見では、第1弾カードとしてRENAvsイリアーナ・ヴァレンティーノ、MIOvsハンナ・タイソンの2試合が発表に。イリアーナはRENAがMMA初戦で対戦した相手だ。その時はRENAが飛びつき腕十字で勝っているが、イリアーナも立ち技の選手であり、シュートボクシングルールでの対戦となる今回は「展開も闘い方も違ってくる」とRENA。

 要警戒の相手だが「お互いのいいところが際立つ試合になる」とも。RIZINで行なわれた試合のリマッチとして注目度が上がることは「シュートボクシングを広めたい私にはありがたい機会」と語ったRENA。「私だけでなく、たくさんの女子選手の試合を見てほしい」という言葉からも、シュートボクシング、女子格闘技というジャンルを背負う使命感が伝わってきた。

 またRENAの妹分として知られるSB日本女子ミニマム級王者のMIOは、昨年大晦日のRIZINでRENAが対戦したハンナ・タイソンを迎え撃つ。RENAvsハンナはRENAが三日月蹴りでKO勝利しているだけに、MIOは「それ以上の勝ち方を」と意気込む。「100パーセント打ち合いになる」という試合でRIZIN参戦もアピールしたいようだ。

 さらにRIZINからは、ギャビ・ガルシアの参戦も決定。対戦相手は未定だが、シュートボクシングルールで試合を行なう。柔術がベースのギャビが立ち技でどんな闘いを見せるのかは要注目、ギャビのMMAファイターとしての成長にもつながるのではないか。

 他にもシュートボクシングマッチだけだなくMMAルールの試合を行なう可能性もあるとのこと。RIZINで女子GPも開催される今年、RENAのホームリングでの試合が見られるまたとない機会だ。

文・橋本宗洋

最終更新:6/14(水) 12:00
AbemaTIMES