ここから本文です

【インタビュー】村上佳佑 「ハモネプ」から、ついにメジャーデビューへ......NIVEA CMソング異例の大抜擢も話題に

6/14(水) 19:46配信

トレンドニュース(GYAO)

“NIVEAブランド“2016-2017年 CMソングに、異例の無名新人が大抜擢されたと話題になったシンガー・ソングライター村上佳佑が、6月14日にデビュー・ミニアルバム『まもりたい』をもってメジャーデビューする。

【ミュージックビデオ】NIVEA CMソングで話題「まもりたい~この両手の中~」(Lip ver.)>>

本作には、くだんのCMソング「まもりたい」はもちろん、マルーン5「Sunday Morning」や一青窈「ハナミズキ」のカヴァー、さらには村上本人による書き下ろしオリジナル曲などさまざまなタイプの楽曲が収録されており、まるで洗いざらしのTシャツのように爽やかな彼の歌声を、存分に堪能できる仕上がりとなっている。

大学時代にはアカペラグループ「A-Z(アズ)」を結成し、人気テレビ番組『ハモネプリーグ』で番組史上最高の99点で優勝した経験を持つ村上。その後ソロに転向したが、デビューするまでの数年間は辛い下積み時代も経験したという。それをどのように乗り越え、デビューのチャンスを勝ち取ってきたのだろうか。
事務所の先輩クリス・ハートとの出会いや、彼から学んだことなど真摯(しんし)に語ってくれた。

■「アマチュアの最高域」「ファルセットの魔術師」などの称賛を得た、村上佳佑のルーツ

――小さい頃から歌うことは好きだったんですか?

村上: そうですね。僕は小学一年生からの5年間、父の仕事の都合でアメリカのジョージア州アトランタに住んでいたんですが、学校への行き帰りの車の中で、いつも母が音楽をかけていました。カーペンターズなど、主に母の好きな音楽ですが、車の中で歌を覚えることが、毎日の楽しみになっていったんです。小二の時に劇で主役を演じて歌を歌ったら、すごく褒めてもらったのも歌が好きになった大きなきっかけの一つです。

――アメリカでの生活が、今の音楽活動に何か影響を与えるなどしていますか?

村上: あると思います。音楽の授業にしても、ルーツミュージックを当然深く取り扱っていて。例えばカントリー&ウェスタンやブルース、フォーク......。日本だと、自分たちのルーツミュージックというのを音楽の授業ではあまり扱わないですよね。そこはすごく不思議だなと思いました。

――立命館大学で、アカペラグループ「A-Z(アズ)」を結成した経緯は?

村上: 最初は「バンドを組みたい」と思って、軽音楽部に入ったんです。でも、肌が合わなくてあまり行かなくなってしまったんです。それで、一人で学校イベントなどに出演していたら、同じクラスの女の子で、一緒に軽音楽部に入った女の子がそれを聴いてくれて。「『ハモネプ』っていう番組に出たくてボーカルを探しているんだけど、一緒にやらない?」って声をかけてくれたんです。あまり深く考えずに「やるやる!」ってノリで返事したのが、そもそものキッカケでした(笑)。

――その頃、村上さん自身はどんな音楽が好きだったんですか?

村上: 当時はコブクロさんが大好きでしたね。二人とも関西出身ですが、僕が立命館大学に進学したのも、「関西に行って音楽活動をしたい!」っていう漠然な理由だったんです(笑)。他には秦 基博さんや、山崎まさよしさん。大学卒業後は洋楽に傾倒していって、スティーリー・ダンやジョン・メイヤー、エド・シーラン。いわゆるAORがすごく好きで、白人が奏でるブラックミュージックのサウンドにはメチャメチャ影響を受けていますし、いまだにそれが自分の根っこにあると思いますね。

1/4ページ