ここから本文です

インパルス堤下が“睡眠薬服用”運転で謝罪会見 睡眠薬とアレルギー薬を同時服用「認識の甘さ」【動画付き】

6/14(水) 21:09配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 睡眠薬を飲んで車の運転をしたとして、警視庁から事情聴取を受けていたことが報じられているお笑いコンビ・インパルスの堤下敦(39)が14日夕方、都内で会見を行った。詰めかけた大勢の報道陣に対して深く頭を下げ「大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 各社報道によると14日午前2時30分前、東京・狛江市東和泉の路上で、堤下が運転する車が、反対車線側にはみ出し道路の中央部分で停車しているのを、近くを通りかかったタクシー運転手が見つけ通報。警察官が駆けつけた際、堤下はもうろうとした状態で、ハンドルに顔を伏せ「睡眠薬を飲んだ」と話したため、警視庁は堤下から事情を聞いていた。

 会見で堤下は、運転前に服用していたのは、睡眠導入薬の「ベルソムラ20ミリグラム」、「レンドルミンD錠0.25ミリグラム」を1錠ずつ、アレルギー薬の「アレジオン錠20ミリグラム」を2錠だと説明。1ヶ月前からアレルギー症状に悩み、病院から処方されたもので、今回初めて服用したという。

 服用したタイミングは、自宅付近の銭湯で入浴後に牛乳と一緒に薬を口にし、時間は午前0時半から1時の間。今回、初めて服用し、薬剤師の説明を受けたが、自らインターネットで薬の情報を事前に調べていたといい「銭湯から自宅まで10分かからない場所。薬が作用するまで多少すると(情報を)目にしたので飲んでしまった」と話し、医師からは運転前の服用は控えるよう指導されていたことも明かした。

 しかし帰り道の運転で「本来、曲がるべき道で曲がらず通過してしまった」ため、「Uターンをしなきゃいけないなと思っていて、Uターンできる場所を探していたところまでしか記憶がない」と回想。警察に発見され、検査を受ける際の記憶も断片的にしか覚えていないという。

 「お酒は一滴も飲んでいない」といい「今回、こういうことを起こしてしまいたくさんの皆さん、家族、相方、会社の人に迷惑をかけてしまった」と神妙な面持ち。「僕以外のものを傷つけなかったのが不幸中の幸いでした。もちろん反省はたくさんしています。二度とこういう事故を起こさないようにします。全て僕の責任、認識不足、認識の甘さでした」と話し、再び頭を下げた。

 なお、堤下はあす15日に最終回を迎えるフジテレビ系連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』(毎週木曜 後10:00)に出演しているが、同局はORICON NEWSの取材に「通常通り放送します」とし、堤下の出演シーンの編集については現状「未定」ですとコメントした。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:6/15(木) 17:44
オリコン