ここから本文です

【インディ500制覇】佐藤琢磨インタビュー「モータースポーツの魅力・楽しさをみんなに知って欲しい」

6/14(水) 18:55配信

motorsport.com 日本版

インディ500のスケール感・魅力

 インディ500を制し、凱旋帰国中の佐藤琢磨。報告記者会見やファンイベント、スポンサー企業への挨拶など、多忙な日々を過ごしている佐藤だが、motorsport.comの取材に応えてくれた。

【写真ギャラリー】凱旋帰国を果たした、インディ500勝者の佐藤琢磨

 佐藤琢磨は、6月13日に行われた記者会見の場で次のように話していた。

「このニュースを是非、多く取り上げていただいて、インディ500そしてモータースポーツの魅力をたくさん伝えていただきたいです」

 この発言の真意、そしてそのために成さねばならないと考えていることについて訊くと、佐藤は次のように答えた。

「具体的にどうしなきゃいけないかというのは、正直分からないですね。僕自身もシーズンを続けているし、現役でやっている以上はレースに集中しなきゃいけない。でもやっぱり、メディアに取り上げていただけるということが、人の目に触れて、(世間の)関心が強くなって、モータースポーツの魅力を伝える機会が増えるということに繋がると思うんです」

 そう佐藤は語る。

「そうすれば、より多くの人がサーキットに足を運んでくれて、『これ面白いな』というひとつのムーブメントになる。そうするとテレビ放送も変わってくるだろうし、全体的に日本のモータースポーツ界も変わる。さらに自動車業界全体にも良い効果があると思います。そういう風に伝えていきたいですね」

 そして佐藤は、インディ500の魅力や凄さを日本に伝え、それを若いレーシングドライバーを目指す子供たちに反映できるようにしたいと考えている。

「今回は、(インディ500での優勝が)日本人初だということで取り上げてもらえてると思うんです。でも、インディ500の魅力は、日本にいたらなかなか伝わってこないですし、みんな知らない。僕も、初めは知りませんでした。でも、本当に凄いことだし、どれだけスケールが大きいかということを、知ってもらえるようにしたいです。次にインディ500に挑戦する若い子が、もっと応援してもらえるようにね。(インディ500への理解が高まって)メディアへの露出が増えれば、単純にスポンサーシップにも繋がるわけですから。そういう形でのサイクルができればいいなと思います」

1/3ページ