ここから本文です

【巨人】プロ野球史上4度目のノーヒットノーランリレー 山口俊、マシソン、カミネロの継投で達成

6/14(水) 21:08配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人3―0ソフトバンク(14日・東京ドーム)

 巨人が3投手の継投でノーヒットノーランを達成した。移籍後初登板となった山口俊が6回まで4四球を与えながらも無失点で抑えると、7回から2番手のマシソンが2イニングをピシャリ。最後はカミネロが抑えた。山口俊は今季初勝利。

 継投によるノーヒットノーランは2006年4月15日に日本ハムがソフトバンク戦(ヤフードーム)で延長12回を1―0で勝利して記録。八木、武田久、MICHEALの3投手で達成して以来、4度目となる。

 打線は6回1死一塁で坂本勇の7号2ランで先制。8回には坂本勇の2打席連発となる8号ソロ本塁打で加点した。

 山口俊は6回を102球で4四球8奪三振。6回2死一、三塁のピンチも切り抜けた。マシソンは2回を無四球3K。カミネロは2四球を与えたが、無安打で続いた。

 継投によるノーヒットノーランは過去3度あり、1度目は1941年6月22日に黒鷲が名古屋戦(後楽園)で達成。2度目は同年8月2日に阪急が名古屋戦(西宮)で達成。3度目は2006年4月15日に日本ハムがソフトバンク戦(ヤフードーム)で達成している。

 日本シリーズでは2007年11月1日の中日・日本ハム戦(ナゴヤドーム)で中日が山井、岩瀬の継投で完全試合を達成している。

最終更新:6/14(水) 22:20
スポーツ報知