ここから本文です

日ハム斎藤佑、2勝目ならず 初回炎上で5回4失点も…打線援護で黒星消える

6/14(水) 20:00配信

Full-Count

吉井コーチ「不運な当たりもあった」も…6回に代打送られた後に同点に

 日本ハムの斎藤佑樹投手は14日、敵地での中日戦に先発し、初回から4失点と炎上。しかし、その後は4イニング連続3者凡退と持ち直して降板。2勝目はならなかったものの、味方打線が降板直後の6回に追いつき、黒星は消えた。

 初回、先頭京田はニゴロも、亀澤、大島に連打を浴びてニ、三塁のピンチ。ビシエドはストレートの四球で満塁となると、ゲレーロにはシュートを左翼線に運ばれた。これが先制の2点タイムリーに。さらに、藤井もライトへのタイムリーツーベースでさらに2失点。平田は遊飛、杉山は一ゴロに仕留めたものの、いきなり4点を失った。

 首をかしげながらダグアウトに戻った斎藤佑だが、2回以降は快投。凡打の山を築く。4イニング連続の3者凡退。打線の反撃は中田翔のソロ本塁打による1点のみの中、14打者連続アウトと快投し、6回の打席で代打を送られた。

 代打・杉谷は空振り三振、大田は左飛で2アウト。しかし、松本、西川の連打で一、二塁とすると、中田はセンターへ2点タイムリーツーベース。中田の3打点目で1点差に迫った。さらに、レアードはレフトへタイムリー。中田が激走し、同点のホームを踏んだ。

 ただ、ボールは中田がホームに到達する前にキャッチャー杉山のミットに収まっており、タッチのタイミングが微妙だったためリプレー検証に。しかし、スライディングした中田の足が先に入っていたと判定され、そのままセーフとなった。その後、2死一、三塁となるも、矢野は三ゴロに倒れて、斎藤佑は白星はならなかった。

 吉井投手コーチは「初回は不運な当たりもあったとはいえ、振れている打線相手に慎重になりすぎたかな。2回からはストライクゾーンで勝負できているから、持ち味が出てきた。とにかく低めを意識すること。ここからがスタートだと思って頑張ってほしい」とコメントしていたが、初回の4失点が響き、3年ぶりのシーズン2勝目はならなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/14(水) 20:00
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 11:15