ここから本文です

働く魅力伝えよう 県、若者定着に本腰

6/14(水) 11:01配信

宮崎日日新聞

 いかに若者の県外流出を抑えるか-。人口減少時代の本県の重要課題に対し、県は新たな角度でのキャリア教育に力を入れ始めている。地域の大人たちが教壇に立ち、小中学生に地元で働く魅力、仕事の喜びを伝える「よのなか教室」がその柱。モデル地区として取り組みが始まった日向市から今年は延岡、小林へ拡大し、さらに県全域に広げていきたい考えだ。産業界と一体となって人材定着につなげられるか注目されている。

宮崎日日新聞

最終更新:6/14(水) 11:01
宮崎日日新聞