ここから本文です

「日中グリーンエキスポ」6年ぶり開催

6/14(水) 10:40配信

ホウドウキョク

尖閣問題で中止となっていた「日中グリーンエキスポ」が、6年ぶりに中国・北京で開催された。
環境技術の展示会「日中グリーンエキスポ」は、2011年に第1回目が開かれたあと、尖閣問題をめぐる日中関係悪化が原因で中止されていたが、13日、6年ぶりに北京で再開された。
会場には、日本企業50社が出展し、水素自動車や浄水器などといった製品をはじめ、二酸化炭素の排出を抑えるため、物流を効率化するためのシステムなども紹介され、中国の事業者などから注目を集めていた。
中国としては、アメリカが離脱を表明したパリ協定でリーダーシップを発揮するためにも、日本の高い環境技術を積極的に取り入れたい狙いもあるとみられる。

最終更新:6/14(水) 10:40
ホウドウキョク