ここから本文です

民進党「目指す社会像」を了承

6/14(水) 10:45配信

ホウドウキョク

民進党が目指す社会像に関する中間報告が了承された。
民進党の前原元外相がトップを務める党内の社会保障に関する調査会が取りまとめた中間報告が13日、党として了承された。
中間報告では、前原氏が2016年9月の代表選挙で訴えた、「All for All みんながみんなのために」を理念に掲げ、「所得制限を撤廃して、貧富の差による分断をなくす政策の束をゴールに掲げる」と訴えている。
具体的には、検討項目として、就学前教育の無償化や、所得制限なしの高校無償化などが明記されている。
調査会では、秋には政策の具体化と、そのために必要な財源を盛り込んだ最終報告を取りまとめ、次の衆議院選挙のマニフェストにも反映させる方針。

最終更新:6/14(水) 10:45
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ