ここから本文です

道路脇に焼けた猫の死骸

6/14(水) 20:28配信

ホウドウキョク

東京・大田区で、焼けた猫の死骸が見つかり、警視庁は、何者かが猫を燃やして捨てた可能性があるとみて、捜査をしている。
14日午前7時半ごろ、大田区仲池上の川沿いの道路脇で、「猫が死んでいる。体が焼けているようだ」と、通行人の女性から110番通報があった。
猫はメスで、腹部以外が焼けた状態で捨てられていた。
目撃者は「この辺を歩いていた猫かなと。本当にかわいそう」と話した。
地面には、焼けたような跡が見当たらないことから、警視庁は、何者かが別の場所で猫を焼いて捨てた可能性があるとみて、動物愛護法違反の疑いで捜査をしている。

最終更新:6/14(水) 20:28
ホウドウキョク