ここから本文です

関西で注目のコメディ劇団、頭脳的新作

6/14(水) 8:00配信

Lmaga.jp

関西を中心に活動するエンタテインメント集団「THE ROB CARLTON(ザ・ロブ・カールトン)」。彼らの最新作『lab.』が、6月15日~19日に「HEP HALL」(大阪市北区)で上演される。

【写真】存在感が半端ない巨体のメンバー・満腹満

結成6年ながら演劇界からの評価が高く、彼らの作品に客演として参加してきたPiperの川下大洋が、「いま関西で最も勢いのある劇団だと言っていい」と太鼓判を押すTHE ROB CARLTON。彼らの物語は、ホテル経営者、スパイ、クリエイティブディレクター、巨大建造物爆破解体のプロなど、さまざまな職業をテーマに、登場人物が陥ったピンチをドラマティックに切り抜ける展開が特徴的だが、その最新作は「天才、秀才、英才、俊才、奇才。閃きに次ぐ閃きに、思考時間ゼロの妙案。気高くも滑稽な、世界屈指の頭脳を持った男たち。あの研究室にはジーニアスしかいなかった」とだけ公式サイトで説明された謎めいたものに。

制作担当の酒井和也さんは、「今回はあえて自分達と同年代(30歳前後)のキャストで公演に臨みました。川下さんのような良きベテランのいない稽古は、ブレーキが効かずついつい脱線しがちですが、時折それが新しい面白さを生み、いつもよりさらに濃いコメディとしてお届けできそうです」と期待を膨らます。チケットは一般3500円、学生2000円、公式サイトにて発売中。

最終更新:6/14(水) 8:00
Lmaga.jp