ここから本文です

渡辺直美、ブレイクきっかけのビヨンセの曲に拒絶反応!?「本当に気持ち悪い」

6/14(水) 21:10配信

E-TALENTBANK

13日放送の日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」で、お笑い芸人の渡辺直美が新人時代の意外な苦悩を告白する場面があった。

番組では棒線グラフを描いたパネルを用意して、その起伏で出演者たちの芸能生活の好調、不調を表しながらトークを展開していった。

MCの中居正広の「直美なんてそんな起伏ないんじゃないの?」というコメントに、渡辺は「あります。あります。私にとってはすごいありますから」と過去の苦労をほのめかす。

2007年にデビューをして「笑っていいとも!」のいいとも少女隊として人気を得た渡辺だったが、中居はグラフを見ながら「このときやってたよね?」と、ブレイクのきっかけともなった、渡辺のビヨンセのモノマネについて言及した。

すると渡辺は「ビヨンセ1万回ぐらい踊りすぎて」と当時を振り返り「本当にビヨンセの曲が流れると吐き気がするくらいなんですよ」と持ちネタをやり過ぎたため拒否反応が出てしまっていたことを告白した。

「今はもう全然」と話す渡辺だったが、スタジオには突如ビヨンセの『Dreamgirls』の前奏が流れ出す。これに渡辺は「やだやだやだやだ、これが本当に気持ち悪い」と嫌がっていたが、歌が始めると平然とモノマネを開始して「今は大丈夫」とトラウマ克服をアピールした。

中居が同じくビヨンセの曲である『Crazy in Love』は問題ないのかとたずねると、渡辺は「それは全然大丈夫なんですよ」と答えて「ウケなかったとしてもアドリブで変な動きすれば、ウケるみたいなのがあったんですけど」と語り、一方で「今の(『Dreamgirls』)はアドリブすることないし、なにが面白いのかもどんどんわからなくなっちゃって……」と当時の悩みを明るく打ち明け、スタジオからは笑い声が上がっていた。

渡辺は先日放送された音楽トークバラエティ番組で、幼少期貧乏であったことを告白し、文房具を買いそろえることができなかったため高校受験に落ちてしまったというエピソードを語ってスタジオから驚きの声が上がる場面があった。

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/14(水) 21:10
E-TALENTBANK