ここから本文です

【米ビルボード・ソング・チャート】「デスパシート」5週連続首位、5H新曲42位に初登場

6/14(水) 12:20配信

Billboard Japan

 ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」が、通算5週目のNo.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週より各ポイントがさらに上昇した「デスパシート」は、アメリカのみならずUK(イギリス)チャートや、ジャスティンの母国カナダなど、主要各国でNo.1獲得を果たしていて、世界中でデスパシート旋風を巻き起こしている。特に強いのがストリーミングで、ジャスティンが参加していない原曲のミュージック・ビデオは、間もなく20億回の再生回数を突破する。ジャスティンが参加したオーディオビデオも3億回を突破しているが、ミュージックビデオは未だ公開されていない。リミックス版のビデオが完成すれば、さらにポイントが上昇するだろう。

 TOP10内は、ほぼ変動なく、新たにチャートインした曲もない。TOP10以下からは、イングランド出身のシンガーソングライター、ジェイムス・アーサーの「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー~最愛の君へ」が11位まで上昇中。本国イギリスやオーストラリア、アイルランドなどではNo.1を獲得していて、ヨーロッパではほとんどの国でTOP10入りを果たしている。アメリカでも次週、TOP10入りが濃厚で、下半期はロング・ヒットが期待できそうだ。次週6月23日に新作『エヴォルヴ』をリリースするロックバンド、イマジン・ドラゴンズの新曲「ビリーバー」も、先週の15位から13位へランクアップし、TOP10入り間近となっている。日本でも高い人気を獲得している、ショーン・メンデスの新曲「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」も18位に上昇し、新作『イルミネイト』から3曲連続のTOP20入りを果たした。

 今週のアルバム・チャートで見事No.1デビューを果たした、ホールジーの新作『ホープレス・ファウンテイン・キングダム』から、先行シングルの「ナウ・オア・ネヴァー」が21位に上昇し、自己最高位を更新した。ホールジーは、昨年リリースしたザ・チェインスモーカーズの「クローサー」にフィーチャリング・ゲストとして参加し、ブレイクを果たした女性シンガーソングライターで、「クローサー」は12週のNo.1獲得を果たし、全世界で大ヒットした。

 42位にデビューしたのは、6月2日にリリースされた、フィフス・ハーモニーの新曲「ダウンfeat.グッチ・メイン」。今年リリース予定の3rdアルバム(タイトル未定)からのリード・シングルで、昨年12月にカミラ・カベロがグループを脱退し、4人体制となってから初のシングルとしても注目されていた。6月8日には、同曲のミュージック・ビデオも公開されていて、4日間で1000万視聴回数を突破している。次週は、ビデオのストリーミングポイントが追加され、さらに上昇することが予想される。また、脱退したカミラ・カベロのソロ・デビュー曲「クライング・イン・ザ・クラブ」も、56位に上昇中。

 DJキャレドの新曲「トゥ・ザ・マックスfeat.ドレイク」は53位に初登場。新作『グレイトフル』からの3曲目となるシングルで、本作からは、4月末にリリースされた「アイム・ザ・ワンfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン」がソング・チャート首位を獲得し、今週も3位にランクインするヒットを記録している。ドレイクがゲストで参加していることもあり、「トゥ・ザ・マックス」のヒットも期待できそうだ。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、14日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー
2位「ザッツ・ワット・アイ・ライク」ブルーノ・マーズ
3位「アイム・ザ・ワン」DJキャレドfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン
4位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
5位「ハンブル.」ケンドリック・ラマー
6位「マスク・オフ」フューチャー
7位「XO TOUR Llif3」リル・ウージー・ヴァート
8位「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ
9位「ステイ」ゼッド&アレッシア・カーラ
10位「コングラチュレーションfeat.クエヴォ」ポスト・マローン

最終更新:6/14(水) 12:20
Billboard Japan