ここから本文です

身近に初夏の風物詩

6/14(水) 22:27配信

北日本新聞

■ブルーベリーおいしい 八尾でリンデ幼稚園児摘み取り

 富山市八尾町松原のブルーベリー観光農園「ベリー・ベリー・ヤミー」(落合良幸代表)は14日、リンデ幼稚園(同市八尾町高善寺)の園児を招き、摘み取り体験会を開いた。

 年中、年長児計17人が参加。落合代表から食べ頃の実の見分け方を教わり、「フロリダスター」や「アーリーブルー」などの品種を摘み取った。次々と味わい、「おいしい」「甘い」と笑顔を見せた。最後に元気な声で「ありがとうございました」と感謝を伝えた。

 農園は2年前にオープンし、現在は45品種1000本を育てている。17日から8月中旬ごろまで営業し、ブルーベリー狩りは予約が必要。問い合わせは落合代表、電話090(3513)8764。

■ホタルの生態学ぶ 速星小児童ら

 富山市婦中地域の速星地区ふるさとづくり推進協議会(山口吉弘会長)は14日、同市速星小学校と「日産ビオパーク西本郷」(同市婦中町西本郷)で、ホタルの生態を学ぶイベントを行った。

 同校児童と保護者ら約60人が参加。学習会では、布村昇元市科学博物館長からホタルの生息環境や生態について、長谷川覚(さとる)県自然解説員からは「日産ビオパーク西本郷」での繁殖の取り組みについて説明を受けた。

 学習会後、参加者はパークへ出発。子どもたちは光るホタルを見つけるたびに歓声を上げていた。

北日本新聞社

最終更新:6/14(水) 22:27
北日本新聞