ここから本文です

NASCAR第14戦:トヨタのカイル・ブッシュ、残り10周で首位陥落。ブラニーが初優勝

6/14(水) 10:06配信

オートスポーツweb

 モンスターエナジーNASCARカップは6月11日、第14戦ポコノが行われ、ライアン・ブラニー(フォード・フュージョン)がカップシリーズ初優勝を飾った。

【写真】残り10周でトップの座を奪われたカイル・ブッシュ(トヨタ・カムリ)

 160周の決勝レースは、フィニッシュまで残り19周でケイシー・カン(シボレーSS)がブレーキトラブルからストップしたことで6周に渡りイエローコーション。レースは残り13周で再開された。

 このタイミングでブラニーを含む多くのドライバーがピットインを選択した一方、序盤からラップリーダーを務めてきたカイル・ブッシュ(トヨタ・カムリ)は、コース上のポジションを優先してステイアウト。この戦略が明暗を分けた。

 レース再開後、ブッシュはフレッシュなタイヤを履くライバルたちを抑えきることができず、リスタートから3周後にはブラニーに交わされ首位から陥落。その後はフロントグリルに異物が貼り付く不運も重なり、次々にオーバーテイクを許してしまった。


 残り10周でトップに浮上したブラニーは、無線トラブルからピットとのコミュニケーションに不安を抱えながらの走行だったがポジションをキープ。最終ラップではケビン・ハービック(フォード・フュージョン)を0.139秒差で抑えきりトップチェッカーを受けた。

 トヨタ勢最上位は最後のイエローコーションでタイヤ2本交換の作戦に出たエリック・ジョーンズ(トヨタ・カムリ)の3位だった。

 また、100周に渡ってレースをリードしたブッシュは9位でフィニッシュ。ポコノ初勝利はならなかった。

 モンスターエナジーNASCARカップの第15戦は6月18日、ミシガン・インターナショナル・スピードウェイで行われる。



[オートスポーツweb ]

Yahoo!ニュースからのお知らせ