ここから本文です

ハースF1代表、カナダGPでグロージャンとクラッシュしたサインツJr.の“言い訳”を一蹴

6/14(水) 16:22配信

オートスポーツweb

 トロロッソF1チームのカルロス・サインツJr.は、カナダGPでのロマン・グロージャンとフェリペ・マッサとのクラッシュについてはミラーの視界の悪さを原因にあげたが、ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは馬鹿げた言い訳だと考えている。

サインツJr.の事故に巻き込まれたマッサのマシン

 カナダGPの1周目でサインツJr.がターン3~4のシケインに差しかかった際、ハースのグロージャンも彼に並んで走行していたが、これに気が付かずに接触。さらに後ろ向きでコーナーに向けて滑っていく途中、ウイリアムズのマッサともクラッシュしたのだった。 

 サインツJr. はグロージャンが死角にいたこと、ミラーのサイズと低めに設計された今シーズン仕様のリアウイングの組み合わせが、視認性の問題を生み出したと主張した。しかしシュタイナーはその説明をはねつけ、以下のように述べた。

「もしミラーが小さすぎると事前に分かっていたのなら、交換しておくべきだ。我々の問題ではない。ミラーが小さすぎるというのは、実に冴えない言い訳だ」

「『ミラーが小さすぎてよく見えないけど、使い続けよう!』なんて道理が通るわけがない。まるで与えられたメガネがよく見えないのにそのまま使い続け、走り続けて壁に激突するようなものだ!」

 サインツJr.はこの事故の責任を問われ、次戦アゼルバイジャンGPで3グリッド降格のペナルティを受けることとなった。

 グロージャンは修復のため1周目にピットインし、このときに交換したタイヤでフィニッシュまで走り切り、ポジションを10位まで挽回している。

 シュタイナーはまた、バーチャルセーフティカー発動中にストフェル・バンドーンをオーバーテイクしたケビン・マグヌッセンがペナルティを受けたことにも不満を感じている。彼は自身の犯したミスに気づき、ポジションを戻しているからだ。

「誰かにペナルティが科されたと思うと、いつもうちのチームだ。それほど我々は悪くないと思うがね!」

「ケビンはミスをした。あのように早くスタートすべきじゃなかった。でも彼は直ちに元のポジションに戻ったんだ。レギュレーションがどうなっているのか、どう書かれているのかが定かではないので、もう一度考える必要がある。」

「確かに彼はバーチャルセーフティカー発動中にオーバーテイクをしたし、やるべきではなかった。だが彼は元の場所に戻ったんだ。これではそのまま前に居続けた方が、よかったかもしれないな!」

[オートスポーツweb ]