ここから本文です

トム・ヨーク、レディオヘッドのメンバー集めの裏話や英米の政治情勢を語る

6/14(水) 12:00配信

rockinon.com

『OKコンピューター』の20周年記念盤『OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017』を6月23日にリリースするレディオヘッドのトム・ヨークはデビュー前のメンバー集めや『OKコンピューター』制作当時のことを振り返っている。

BBCのラジオ番組「Radio 6」の「First Time」に出演した際、スージー・アンド・ザ・バンシーズの圧倒的なライブを観に行ったことがきっかけでパフォーマーを志すようになったと明かしたトムだが、「ピッチフォーク」によると、その後観に行ったニュー・オーダーのライブについては次のように振り返っているという。

「その一週間後にニュー・オーダーを観に行ったんだよ。そうしたら、全員で客を罵倒しまくって、そのまま帰っちゃったんだよね。『ああ、こうなっちゃいけないんだな』ってその時思ったよ」


また、最初に知り合ったレディオヘッドのメンバーはコリン・グリーンウッドだったのか、という問いに対しては、次のようなバンド結成の構想を練っていたことを明らかにしている。

「メンバー募集の道筋を頭ん中で思い描いてたんだよね。コリンが、ちょうど僕が辞めたばっかりのバンドに加入したって聞きつけてて。コリンはベースをやってるのに、あのバンドには先がないからかわいそうだなって思ったんだ。それで僕のバンドに入ってもらおうって決めたんだよ。それにコリンの弟(ジョニー)が年下なのにものすごい天才だっていうのも知ってたからね。

それから、ちょっと年上でものすごくうまいドラマー(フィル・セルウェイ)がいるっていうのも聞いてたから、それが誰なのか確かめようとしてたんだ。そして、エド(・オブライエン)はいつもまるでザ・スミスの一員かのように気取ってたむろしてたから、声をかけないわけにはいかなかったんだよ……」

その一方で、『OKコンピューター』の“No Surprises”のレコーディングについては「モガドン(強力な睡眠剤)を全員で飲んだような音にしたかったんだ」と説明している。


「なるべくゆっくり演奏しようとしてたんだけど、どうしても思ったような遅い演奏にはならないんだよ。実際にはモガドンを飲んでないから。それでどうしたかというと、最初のうちに作っていたバージョンを使って、それを思いっきり遅くしたんだ」

さらに、ブッシュ大統領時代のアメリカではこの曲が特に盛り上がることになったと振り返る。

「みんなものすごく盛り上がるんだよ。特に『政府を引きずりおろせ(Bring down the government)』のくだりのところでね。みんなそこを自発的に叫ぶんだよ。最高だったな。どうしてそうなるのか分からないけど。あれほどパンクから程遠い曲で、ああいういびつな形で怒りを表出させてたっていうね」

その一方で、“Paranoid Android”については30から40くらいのバージョン違いがあったことを明らかにしていて、今回のリリースに当たって創作ノートなどを読み返したと話した。


「本当に面白かったのは当時のノートを読み返して、この頭のおかしいやつと付き合っていかなきゃならないっていうことだったね。『ひどいな、今のぼくでもヤバいって思うんだったら、このページを読んでると、マジできみ、ちょっと誰かに看てもらった方がいいかもって感じだよ』って思ったね」

また、現在の政治状況については楽観的に構えているのか、という問いに対しては、トランプ大統領とメイ首相と思しき人物に宛てた発言をしてみせている。

「うん。まあ、ひとつずつ片付けていくっていうことだよね。君のことだよ。近いうち君は弾劾されるから。それとあなたも指導者の器じゃないから。そのことを人々が近いうちに白日のもとに晒していくことになると思うよ。でもまあ、ひとつずつ片付けていくと。とりあえず、引き伸ばしはできないから。まあ、せいぜい頑張りなよ。ひとつずつ片付けていくから。僕たちはバカじゃないぜ」

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:6/14(水) 12:00
rockinon.com