ここから本文です

卵は毒々しいピンク 外来巻き貝の駆除に苦慮

6/14(水) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県紀南地方の田んぼやその周辺の用水路で、稲の苗を食害する外来巻き貝スクミリンゴガイ(通称ジャンボタニシ)の卵塊が目立っている。爆発的な繁殖は見られないが農家らは防除に苦慮している。

 上富田町では、岩田や市ノ瀬の水田、水路、朝来の池や河川に点在して見られる。生息場所の状況から、水鳥や耕運機などの移動で広がった可能性があるという。

 水利を共有する農家が協力して駆除している。厳寒期に耕して薬剤散布することで、土中で越冬する貝の密度を低下させることが効果的だという。また、貝の捕殺や卵塊の圧殺も有効。田植え後、水深を1センチ以下に保てば食害されにくいことも分かっている。

 卵は毒々しいピンク色をしており、長さ3センチほどの卵塊として苗の根元などに産み付けられる。2~3週間ほどでふ化し、50~60日で殻高3・5センチに成長して成熟する。田植え後2~3週間の柔らかい苗が食害されやすい。

最終更新:6/15(木) 8:56
紀伊民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ