ここから本文です

麻也、痛恨ドローに「自分たちで自分たちの首を絞めてしまった」

6/14(水) 0:02配信

ゲキサカ

[6.13 W杯アジア最終予選 日本1-1イラク テヘラン]

 気温37度を超える猛暑の中での試合。DF吉田麻也は「後半、体力の消耗がかなりあると思っていたので、賢く戦わないといけないと思っていた」と振り返る。

 前半8分に先制した。しかし、その後はなかなか攻撃の形を作れずに追加点を奪えない。「先制点を取って、後半に追加点が取れたら一番良かった。2点目を僕らが取れなかったのが一番良くなかった」と振り返ったように、後半28分に連係ミスから同点ゴールを献上してしまった。

 失点シーンではアブドゥルゼフラに中央突破を許してPA内まで持ち込まれてしまう。体勢を崩してルーズボールとなると、吉田はGK飛び出した川島永嗣に任せようとしたがボールをキャッチし切れず、こぼれ球をカミルに左足で押し込まれてしまった。「なかなか無失点で終えられる試合が少ないので、本当に悔しい」と唇を噛む。

「勝ち切る力をもっとつけなくてはいけない。1点を取った後にペースダウンするのではなく、もう1点を取りに行く姿勢をもっと見せないといけなかったと思う」

 勝ち点1を上積みして勝ち点17として首位を守ったものの、残る2試合は勝ち点16で3位につけるオーストラリア、同じく勝ち点16のサウジアラビアと、W杯出場を争うライバルとの直接対決が待っている。「自分たちで自分たちの首を絞めてしまった。サウジのことは置いておいて、オーストラリアの試合に集中しないといけない」とホームで行われるオーストラリア戦での必勝を誓う。

最終更新:6/14(水) 4:33
ゲキサカ