ここから本文です

オルフェーヴル全妹デルニエオールが栗東で調教開始

6/14(水) 8:50配信

日刊スポーツ

 3冠馬オルフェーヴルの全妹で、母オリエンタルアートの最後の子デルニエオール(牝2、池江、父ステイゴールド)が栗東での調教を開始している。先週金曜(9日)にトレセンへ入厩。デビューに向けて、順調な過程を踏んでいる。

 馬名はフランス語で「最後の金」を意味する。父ステイゴールドは15年の2月に、母もその翌月にこの世を去った。馬名の通り、この2頭の最後の遺伝子だ。栗毛の美しい馬体で、兄をほうふつとさせる。「流星があって、オルフェーヴルの顔に似ていますよ。気は良さそう。馬体は420~430キロと小柄ですね」と兼武助手。デビューはまだ未定だが、13日も坂路でキャンターをするなど調整は順調に進んでいる。「今のところ思ったより落ち着きがあります。とりあえず今はゲート練習をして、ゲート試験合格を目標にやっていきます」。偉大な兄を追って第1歩を踏み出す。【平本果那】

最終更新:6/14(水) 8:50
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ