ここから本文です

「イランのメッシ」がV弾 W杯出場アジア一番乗り

6/14(水) 10:46配信

日刊スポーツ

<W杯アジア最終予選:イラン2-0ウズベキスタン>◇A組◇12日◇テヘラン

 首位イランがホームで3位ウズベキスタンを2-0で下し、アジア一番乗りとなる2大会連続5度目の本大会出場を決めた。6勝2分けで、2試合を残してウズベキスタン(勝ち点12)との差を8に広げ、同組2位以内が確定した。W杯出場を決めたのはロシア(開催国)、ブラジル(南米)に続き3チーム目。

 イランがFIFAランクでアジア最上位(30位)の力を見せつけてアジア最速突破を成し遂げた。前半23分、スルーパスに抜け出した「イランのメッシ」ことFWアズムンがGKと1対1になり、右足で流し込み先制。後半43分にはFWタレミがペナルティーエリア内で相手DFをフェイントでかわし、右足でゴール右隅に追加点を決めた。守備陣も0点に抑え、最終予選を無失点で突破。11年に就任し、同国初の2大会連続W杯出場に導いたケイロス監督に対して、首都テヘラン市内では「ケイロス、ありがとう」のチャントが起きた。

最終更新:6/14(水) 11:24
日刊スポーツ