ここから本文です

中日大野に悪夢の6回「勝負を急ぎすぎ」5連打降板

6/14(水) 20:41配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:中日5-7日本ハム>◇14日◇ナゴヤドーム

 中日大野雄大投手(28)にとっては悪夢の6回になった。初回に4点の援護をもらった左腕は、5回まで中田のソロ本塁打の1安打だけに抑えていた。

【写真】日本ハム中田翔が7号ソロで今季初の2戦連発弾

 だが4-1の6回、2死走者なしから4連打で同点にされ、5連打されたところで降板。「2死を取ってから勝負を急ぎすぎました」と大野。このピンチは伊藤が抑えて逆転は許さなかったが、4-4の7回に勝ち越された。

 今季は開幕投手を務めながら2カ月以上勝てず、ようやく今季初勝利を挙げた前回7日のロッテ戦のヒーローインタビューでは涙を流した。2連勝して、信頼を取り戻したい試合だった。

最終更新:6/14(水) 22:32
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 9:20

Yahoo!ニュースからのお知らせ