ここから本文です

住民ら丹精、新居浜・あじさいロード見頃

6/14(水) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 鮮やかなアジサイが小道を囲む―。愛媛県新居浜市山田町の住民らが丹精する「あじさいロード」が、18日の「あじさい祭り」を前に見頃を迎えている。
 市南部の山田自治会館の近くを走る松山自動車道ののり面など約1キロに、4500株以上が花を咲かせている。紫やピンク、水色など色とりどりだ。
 近くの男性(82)が自宅周辺に植え始めたのをきっかけに、地域住民と挿し木をしながら徐々に数を増やした。今では、地域を挙げて花摘みや草刈りに取り組み、手作りのかかしを飾るなどして見物人を歓迎する。祭りではうどんやすしを販売する。
 12日はあじさいロードに作品を飾っている市内の川柳サークルねこやなぎ(高橋正明代表、15人)のメンバーが吟行し、ノートを片手に憩いの道を歩いた。同市沢津町3丁目の主婦(68)は「一人で静かに見るのもよし、みんなで見るのもよし。とてもきれい」と笑顔で話し、色とりどりのアジサイの中に亡き父を重ね「おしゃべりをしてる紫陽花白は父」と詠んでいた。
 地元の人の話では、見頃は今後1週間ほどという。

愛媛新聞社

最終更新:6/14(水) 10:20
愛媛新聞ONLINE

Yahoo!ニュースからのお知らせ