ここから本文です

バークレイズ米金利取引責任者にレナード氏-またJPモルガン出身

6/14(水) 14:14配信

Bloomberg

英銀バークレイズは、ヘッジファンド運営会社アーセム・キャピタルの創業者であるクリス・レナード氏を米金利トレーディングの責任者に起用することを決めた。1-3月(第1四半期)に投資銀行部門の業績の足を引っ張ったとされる米金利業務の立て直しを目指す。

バークレイズの発表によれば、2012年にスタートさせたアーセムのマクロ・債券ストラテジーで6億ドル(約660億円)余りの資金を集めたレナード氏は、マネジングディレクターとしてバークレイズ入りする。

同氏は1995年にJPモルガン・チェースでキャリアをスタートさせ、自己勘定取引トレーダーから金利スワップ・オプショントレーディング部門の責任者に昇進。05年に共同で設立したアルファダイン・アセット・マネジメントでは、運営するヘッジファンドの運用資産額が20億ドルに達した。

バークレイズのジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は自身もJPモルガンで30年余り勤務した経験を持ち、レナード氏の採用でバークレイズ証券部門の上級職にJPモルガン出身の人材がさらに増えることになる。

原題:Barclays Taps Hedge Fund Founder to Revive U.S. Rates Trading(抜粋)

Stephen Morris

最終更新:6/14(水) 14:14
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ