ここから本文です

シンガポール首相の弟、家族内の対立で出国余儀なくされると主張

6/14(水) 15:39配信

Bloomberg

シンガポールのリー・シェンロン首相の弟、リー・シェンヤン氏は14日、両氏の父親であるリー・クアンユー初代首相死去後の家族内の対立で、シンガポールから去ることを「余儀なくされる」と感じていることを明らかにした。

シェンヤン氏はフェイスブックで、「辛いことだが、予見し得る将来にわたりシンガポールを離れることなるだろう」とコメント。「国を離れたくはない」とし、「私が国を離れる唯一の理由は兄だ。兄を信じない。兄への信頼を失った」と記した。移住先には触れていない。

シェンロン首相はシェンヤン氏の主張を否定し、2015年3月の父親の死去以降くすぶっていた親族内の対立をエスカレートさせるこうしたコメントを公にしたことは遺憾だとの声明を発表した。

原題:Singapore Premier Lee’s Brother to Leave City Amid Family Feud(抜粋)

Andrea Tan

最終更新:6/14(水) 15:39
Bloomberg