ここから本文です

<サワコの朝>ハーバートで物理学を専攻…型破りのバイオリニスト・五嶋龍の“未来”に迫る

6/15(木) 18:13配信

毎日新聞

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、6月17日午前7時半~8時)ゲストは、ヴァイオリニスト・五嶋龍。

【番組の別カット】

 母は五嶋節、姉は五嶋みどりというバイオリン一家に生まれた五嶋は、3歳のころにヴァイオリンを始めたが、実は毎日やめたいと思っていたほど練習は厳しかったという。すでに「天才少女」として世界的に有名なヴァイオリニストだった姉・五嶋みどりに対して「嫉妬していた」という幼い頃の思いや、佐渡裕さん指揮のもと、7歳の「神童」としてコンサートデビューを果たした当時のエピソードを語る。

 「記憶の中で今もきらめく1曲」は、ニルヴァーナの「Smells Like Teen Sprits」。中学生のころ友達に紹介された曲。音楽と言えば、クラシックという環境で育った五嶋は、当時大ヒットしていたグランジロックのこの曲を初めて聴いたときにものすごい衝撃をうけ、宇宙から音楽が聞こえてきたようだったと言う。この曲と当時の思い出を語る。

 7歳の時に始めた空手を今でも続け、「音楽家としていわゆる正統派の道は歩きたくない」と音楽大学には進まずにハーバート大学へ。物理学を専攻し、現在では大学の仲間と会社を経営するなど、バイオリニストの型にはまらない活躍をする五嶋。そんな五嶋<未来>についてサワコが迫る。

最終更新:6/15(木) 18:16
毎日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ