ここから本文です

新首相にバラッカー氏=同性愛公言、「多様性象徴」―アイルランド

6/15(木) 0:15配信

時事通信

 【ロンドン時事】アイルランド議会は14日、辞任したケニー前首相の後任を選ぶ投票を行い、中道右派の与党・統一アイルランド党党首のレオ・バラッカー氏(38)を選出した。

 同国首相としては史上最年少。インド系移民を父親に持ち、同性愛者であることを公表しているバラッカー氏の首相就任は、「国に変化が起きていることを示す兆し」(AFP通信)などと受け止められている。

 ダブリンからの報道によると、バラッカー氏は首相選出を受け「(国に)奉仕することを約束する」と宣誓した。ケニー前首相は投票に先立ち、バラッカー氏について「近代的で多様、包含的なアイルランドを代表する存在だ」と評価した。

 カトリックの影響が強いアイルランドは欧州でも保守色が濃く、同性愛は1993年まで違法だった。 

最終更新:6/15(木) 0:19
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ