ここから本文です

(時時刻刻)「共謀罪」自公突進 会期内ありき、奇策を強行

6/15(木) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 「共謀罪」法案を強引に会期内で成立させるため、自民、公明両党が奇策を使ってまで強行路線に突き進んだ。法案の問題点や疑問点はいっこうに解消されず、加計学園問題など政府の調査結果を待つ問題も山積み。国会での追及を避けたい政権は、ひたすら幕引きを急いでいる。

 混乱の発端は、14日午前に国会内で開かれた自民、民進両党の参院国会対策委員長会談。自民の松山政司氏が共謀罪法案について「中間報告を出させて頂いて、本日の本会議で処理したい」と切り出した。民進の榛葉賀津也氏は「参院の自殺行為だ」と抗議。その怒声は廊下にも響いた。……本文:5,232文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社