ここから本文です

CHEMISTRY「ユメノツヅキ」のバラード版がWBCドキュメンタリー映画のEDテーマに決定

6/15(木) 18:16配信

CDジャーナル

 2017年より再びシーンにカムバックしたヴォーカル・デュオ、CHEMISTRYが2月にYouTubeで公開した再始動記念となる新曲「ユメノツヅキ」が、7月1日(土)公開の映画「あの日、侍がいたグラウンド」のエンディング・テーマに決定。

 惜しくも準決勝で敗れた〈2017 WORLD BASEBALL CLASSIC〉(WBC)での野球日本代表“侍ジャパン”の激闘の裏を“選手目線”で追うドキュメンタリーに寄り添い、バラード・ヴァージョンにアレンジ。「ユメノツヅキ(Slow & Emotional)」と題してヴォーカルも再レコーディングしており、多くの感動を与えた侍ジャパンにエールを送る、エモーショナルで胸を熱くさせる仕上がりとなっています。

 映画「あの日、侍がいたグラウンド」は2017年7月1日(土)から7日(金)の1週間限定で全国主要都市10館にて上映。2017年夏には、特典映像付きDVD / Blu-rayの発売が予定されています。

最終更新:6/15(木) 18:16
CDジャーナル