ここから本文です

やかた竿灯準備着々 16日から3日間「まき夏まつり」

6/15(木) 10:25配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟市に夏祭りシーズンの到来を告げる「まき夏まつり」が16日から3日間、西蒲区巻地区の「まき鯛車商店街」などで開かれる。12日には最終日に行われる「やかた竿灯(かんとう)」の準備が始まった。

 やかた竿灯はちょうちんが連なる長さ約4メートル、重さ300キロの竿灯を40人ほどで担ぎ、商店街を練り歩く。今年は9団体が参加し、威勢の良さやチームワークなどの審査もある。

 巻商工会館駐車場では12日、3団体が竿灯を組み立てた。柱に横棒を縄で入念に縛り付け、白いちょうちんを取り付けていった。

 まき夏まつり協賛会やかた竿灯部会の川村聡之会長(36)は「祭りのフィナーレを盛大に盛り上げたい」と抱負を話した。

Yahoo!ニュース特設ページ