ここから本文です

ショウナンパンドラの半弟ブルヴェルソンが登場/新馬戦

6/15(木) 18:06配信

netkeiba.com

 6月17日(土)・18日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、15日確定した。

 今週は東京、阪神、函館で計7鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

※左から、馬名(性別、騎手・調教師、父馬)

◆6/17(土)
・東京5R(ダ1400m・16頭)
パーラミター(牝、江田照男・伊藤伸一、プリサイスエンド)…順調に乗り込まれ、追い切りでは3頭併せ馬で追走先着。初戦から態勢は整っていそう。

・阪神5R(ダ1200m・13頭)
マイネルデインティ(牡、川田将雅・田所秀孝、ヴァーミリアン)…順調に乗り込まれている。スマートファルコン産駒の半兄リヴェルディはデビューから2連勝して、鳳雛S(OP)でも2着に入っている。

・函館5R(芝1000m・11頭)
ニシノオトコマサリ(牝、勝浦正樹・加藤和宏、リーチザクラウン)…じっくり乗り込まれ、追い切りでも良い動きを見せた。

◆6/18(日)
・東京5R(芝1600m・11頭)
ブルヴェルソン(牡、C.ルメール・高野友和、ダイワメジャー)…ディープインパクト産駒の半姉ショウナンパンドラは2014年の秋華賞、15年のジャパンCを制した。

・東京6R(芝1400m・15頭)
リンシャンカイホウ(牡、内田博幸・田中剛、アドマイヤムーン)…追い切りは併せ馬で先着し、軽快な動きを見せた。初戦から期待。

・阪神5R(芝1600m・12頭)
コスモインザハート(牡、柴田未崎・西園正都、ハーツクライ)…じっくりと乗り込まれ、追い切りでは栗東坂路でラスト1ハロン12.5秒と仕上がりが良さそう。血統的にコースも合いそうだ。

・函館6R(芝1200m・8頭)
ペプチドプラム(牝、四位洋文・木原一良、ロードカナロア)…ここにきて急上昇。追い切りでは併せ馬で鋭い動きを見せた。

最終更新:6/15(木) 19:09
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ