ここから本文です

選挙争点や投票手順紹介 常磐大生と水戸市選管、高校生に出張授業

6/15(木) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

政治や選挙に対する関心を高めようと、水戸市新荘の常磐大高で14日、常磐大の学生と水戸市選管による出張授業が開かれ、同校の3年生約360人が、選挙の基礎知識や知事選の争点などについて学んだ。

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、同大総合政策学部の砂金祐年准教授(政治学)とゼミ生が中心となり企画した。昨年に続き2回目。

市選管の担当者が投票の手順や選挙違反などの注意点を説明した後、同大生が考えた知事選の争点について紹介。原発再稼働や医療、交通、多選の四つを重要な課題に挙げた。説明に立った同大3年の小林瑞歩さん(20)は「たくさん情報を集めて自分なりに判断して投票に臨んでほしい」と呼び掛けた。

授業に出席した同校の矢口莉花さん(17)は「選挙の知識がなかったので多くのことを学べて良かった」。小野瀬匠さん(18)は「未来を担う若い世代の一人として、しっかりとした考えを持って選挙に行きたい」と語った。

砂金准教授は「人生最初の大事な選挙。きちんと調べて考えを深め、一人の大人として責任ある1票を投じてほしい」と述べた。 (朝倉洋)

茨城新聞社