ここから本文です

バス現在地をスマホ表示 遠州鉄道、公式アプリ運用開始

6/15(木) 8:30配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 遠州鉄道(斉藤薫社長)は、路線バスの現在地を表示するスマートフォン(スマホ)向け公式アプリ「遠鉄バスどこ?」の運用を開始した。バスの待ち時間の短縮や有効活用、不安の軽減などにつなげる。路線バスの現在地表示アプリの導入は県内で初めて。

 路線バスの運行は天候や道路状況などによって遅延が発生することがあり、利用者はバスの現在地が分からないままバスの到着を待っていた。今回のアプリは乗降車するバス停を登録すると、区間や路線の最新のバス現在地をリアルタイムで確認することができる。乗降車バス停は最大で6区間登録が可能。

 対象は遠州鉄道の路線バス全線で、空港直行バスや高速バスは除く。利用無料。バス停やバス車内、ホームページなどでダウンロード用の2次元コードを掲示している。

 同社は3月からアプリの試験運用を行い、6月、本格運用へこぎ着けた。

静岡新聞社