ここから本文です

NEDO、ドローン安全運航システム開発 衝突防止へ5社が技術結集

6/16(金) 8:15配信

SankeiBiz

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は15日、小型無人機「ドローン」の安全な運航管理システムの研究開発プロジェクトを発表した。民間企業5社が技術を結集し、今年度から3年間かけてドローン同士の衝突防止など安全な運航を実現するシステムを開発する。

 政府がまとめた成長戦略の「未来投資戦略2017」で、ドローンによる都市部での荷物配送を2020年代に開始する「移動革命の実現」が明記された。

 ただ物流ドローンのほかに測量や警備、インフラ点検などさまざまな用途のドローンの稼働が今後見込まれ、何台も一斉に同一空域を飛び交うと衝突などの危険性が高まる。

 プロジェクトでは、NEC▽NTTデータ▽日立製作所▽NTTドコモ▽楽天-の5社がそれぞれ得意の技術を持ち寄り、安全な運航管理システムの開発に取り組む。

最終更新:6/16(金) 8:15
SankeiBiz