ここから本文です

【ベトナム】Zalo運営会社、16年の純益2.4倍に

6/15(木) 11:30配信

NNA

 ベトナムで無料メッセージアプリ「Zalo(ザロ)」やオンラインゲームなどを手掛けるVNGコーポレーションの2016年の税引き後利益(純利益)が、前年比2.35倍の5,430億ドン(2,390万米ドル、約26億3,400万円)余りに上ったことが分かった。13日付ダウトゥ電子版が報じた。
 今月22日に開催予定の年次株主総会の資料で明らかにされたもので、売上高は同45%増の3兆230億ドン余り、税引き前利益は2.18倍の6,730億ドン余りと好調だった。売上高は目標を18%、税引き前利益と純利益はともに目標を90%強上回った。
 VNGは今回初めて、外資の出資比率が44.64%であることを明らかにした。出資者は、シンガポール、ルクセンブルク、英領バージン諸島、中国、米国、カナダの6組の投資家(投資ファンドや企業、個人)とされている。
 VNGは04年の設立。インターネット上でさまざまなサービスを提供しており、国内のインターネットユーザーの8割強が同社の何らかのサービスを利用しているという。

最終更新:6/15(木) 11:30
NNA