ここから本文です

ミカンまるごと!伊豆特産のミカンを使ったおめでたい飴菓子“あまてる”

6/15(木) 16:46配信

伊豆新聞

 創業70余年、西伊豆町仁科にある「飴元 菊水」のこの夏の新商品「あまてる」が、発売開始と同時に人気となり、早くも売り切れの商品がでるなど、大ヒットを予感させる。1袋550円。

【飴やのかき氷】シロップは飴の材料を使用!自然な甘さがうれしい“飴やのかき氷”

 地元産の温州ミカンを皮のまま、輪切りにし乾燥させたものに、温州ミカンの果汁入りの飴(あめ)を一つ一つ、丁寧に掛けた同商品は、他にニューサマーオレンジ、レモンがあり、今後、寿太郎ミカン、キンカンなどでも作る予定だという。

 店主の荻田真理子さんは「ゼリーや酒、ジュースなど伊豆のミカンを使った商品はたくさんあるが、飴屋として新しい形で伊豆のミカンをPRしたかった。ミカンは太陽の象徴ともいわれるので、縁起良く“あまてる”と名付けた」と話す。

 また、同じく新商品「エバーグリーンバウム」は、しっかりとした食べごたえが特徴のやさしい味わいのバウムクーヘン。

 こだわり卵を使用した生地を、鉄板で何層も焼き仕上げる同商品は、丸く型抜きし、最後にホワイトラム入りの粉糖を掛けて完成。進物や引き出物としての注文が多いという。

 荻田さんは、「若くして亡くなった製菓職人の兄のレシピを再現した。“エバーグリーン”とは時を経ても色あせないという意味がある。兄の味を再び、みなさんに食べてもらうことができてうれしい」と話す。

 ミカンの輪切りの形がかわいらしい「あまてる」、懐かしい味が好評の「エバーグリーンバウム」、どちらも都会にはない素朴な魅力があふれている。(M)

◆店名:飴元 菊水

◆住所:西伊豆町仁科802-4 

◆電話:0558-52-0044

◆営業時間:午前8時半~午後5時

◆定休日:不定休 ※年末年始は休まず営業

◆駐車場あり

最終更新:6/16(金) 11:32
伊豆新聞