ここから本文です

小出恵介は大ダメージ 最近の芸能人は“遊び方を知らない”

6/15(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 一般女性が芸能人との関係を告白するのには意図があるもの。

 普通はフラれたことから「困らせたい」という恨みからだが、ベテラン俳優は、「最近の芸能人は遊び方を知らないヤツが多い。きれいに別れないから後でしっぺ返しにあう」という。

 芸能史を見ても、女性から告発されるケースは少なかった。「昭和のプレーボーイ」と呼ばれた俳優の火野正平(68)。何人もの女性と不倫を繰り返しながら、彼を告発した女性は一人としていない。

 別れを有効利用しようとするのが「売名」である。自ら「売名です」と言わずとも、ヌードになって性癖まで赤裸々に告白する女性も現れれば、売名は明らか。もっとも、売名行為は一過性の話題で、一発屋芸人のように消えてしまうのがオチ。

 同じ告白でも先週の「FRIDAY」が報じた小出恵介(33)のような場合はややこしくなる。小出の持つ慶応ボーイらしい爽やかなイメージとは裏腹に「17歳の女子高生と飲酒&SEX」のショッキングなタイトル。小出が事実を認めたことで、事務所は即座に対応。無期限謹慎とすべての仕事の降板を発表した。

「近年、不祥事を起こした人の対応のまずさもバッシングの材料になることを懸念してのことだろう」(芸能関係者)

 念を押すように小出の謝罪会見も予定されていたが、延期になっているという。その背景にあるのが女子高生の氏素性。ネットにはさまざまな情報が飛び交っている。確かに、女子高校生が翌日、学校もあるだろうに、呼び出されて夜11時にバーに行き、そのままホテルで朝まで過ごすなど常識的には考えにくい行動もある。小出は事実誤認があるとして彼女と話し合いを設定していたが、ドタキャンされたという。

 さらに、小出は女性側から500万円を要求されていたとも報じられている。俗に言う「美人局」の可能性もあるが、往々にして内密に自分で処理しようとして騒ぎを大きくしてしまうことも少なくない。「この手の処理に慣れた者に任せるのが一番です」という裏の交渉人に頼み、表沙汰にならず穏便に済ませたケースもある。

 謹慎で一件落着が、小出と女子高生側の進展にも関心が増してしまった感もあるが、17歳の子と飲酒・SEXに及んだことは事実だろう。特筆された酒癖や性癖の暴露は時に連鎖反応を起こす。今週発売の女性誌でも30代の元主婦が2年半前のことながら生々しい小出との体験を明かしている。

 小出のダメージは計り知れないものになる。
(二田一比古/ジャーナリスト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ