ここから本文です

カタール断交批判で初拘束=交流サイトへの投稿とがめる―バーレーン

6/15(木) 5:22配信

時事通信

 【カイロ時事】ペルシャ湾岸のバーレーンの検察当局は、「テロ支援」などを理由にカタールと断交した政府の政策批判を交流サイトに投稿したとして、1人を拘束したと明らかにした。

 国営通信が14日伝えた。

 バーレーンはサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)などと共にカタールと断交後、「カタールに同情的な表現をしたり、政府の施策に反対したりすれば、最大5年の禁錮刑と罰金を科す」と発表していた。この措置に基づき、実際に容疑者が拘束されたのは初めてとみられる。性別や年齢は不明。 

最終更新:6/15(木) 5:25
時事通信