ここから本文です

39歳最年長・大野均、17日テストマッチ追加招集も負傷で離脱…ロック陣手薄に

6/15(木) 6:04配信

スポーツ報知

 日本ラグビー協会は14日、2019年W杯1次リーグでの対戦が決まっているアイルランド代表とのテストマッチ第1戦(17日、静岡・エコパ)で、出場が期待されていた39歳最年長のロック・大野均(東芝)が負傷により一時離脱すると発表した。

 完全離脱した真壁伸弥(サントリー)、梶川喬介(東芝)ら本招集組に続き、追加招集の大野もいなくなり、ロック陣は手薄に。セットプレーの強い世界ランク4位チームとの2連戦(第2戦、24日・味スタ)を前に不安材料を残した。

 また、プロップ・知念雄(26)=東芝=も負傷で途中離脱。負傷で一時離脱していた共同主将のBK・立川理道(27)=クボタ=は16日から再合流することになった。

最終更新:6/15(木) 6:04
スポーツ報知