ここから本文です

ニック・ロウ、デイヴ・エドモンズのソロ曲も ロックパイルの1979年のライヴをお蔵出し

6/15(木) 18:16配信

CDジャーナル

 ニック・ロウやデイヴ・エドモンズらを擁し、1970年代後半から80年代にかけて活動したバンド、ロックパイル(ROCKPILE)が79年8月20日(日)に米ニューヨークのパラディアムで開催したライヴを収めたアルバム『ライヴ・アット・ザ・パラディアム 1979』(MSIG-1163 3,000円 + 税)が、8月25日(金)に発売されます。

 このライヴはニック・ロウの2ndアルバム『レイバー・オブ・ラスト』の発売直後に開催されたため、アルバム収録曲の「スウィッチボード・スーザン」「クラッキング・アップ」「ボーン・ファイター」、そして大ヒットした「恋するふたり」などを披露。また、デイヴ・エドモンズのヒット曲「アイ・ヒア・ユー・ロッキング」やエルヴィス・プレスリー「監獄ロック」のカヴァーも演奏されています。

 バンド名義のアルバムとしては80年発表の『セカンズ・オブ・プレジャー』の1枚を残し81年に解散した、ロックパイルの全盛期の演奏を全20曲収める貴重な音源です。

最終更新:6/15(木) 18:16
CDジャーナル