ここから本文です

【ラウェイ】蓮實、リベンジマッチに「気合いと根性で突っ込む」

6/15(木) 22:50配信

イーファイト

 6月16日(金)東京・TDCホールで開催される“地上で最も過激な格闘技”ラウェイの日本第4弾大会『Lethwei in Japan 4 ~FRONTIER~』。その前日会見が15日(木)都内にて行われた。

【フォト】蓮實はタプインにリベンジ成功し、ベルトを戴冠できるか

 ラウェイとは、手にグローブを着けずバンテージのみを着用し、パンチ、キック、ヒジ打ち、ヒザ蹴りに加え、頭突きや投げ技、立ったままの関節技もありの格闘技。日本で過去3大会行っているが未だ日本人は未勝利。

 今回タイトルマッチに挑む日本人男子2選手に蓮實光(はすみ・ひかる/パラエストラ栃木)と浜本”キャット”雄大(クロスポイント大泉)がいる。

 蓮實は前回大会で激しい殴り合いを繰り広げた末、2RでTKO負けとなったタプイン(ミャンマー)とのリベンジ戦について「ベルトも懸かってますし、リベンジマッチという最高の機会なので気合いと根性で突っ込んで、突っ込んで必ず勝ちます」と殴り合い上等のコメント。

 そして、今回2度目の参戦となるキックボクサー・浜本はラウェイ戦績17勝7敗のヤー・ザー(ミャンマー)との対戦について「前回、僕の攻撃力とディフェンス力が高いということを証明できたと思うので今回はしっかり勝ちます。ベルトは死んでも獲ります、殺しても獲ります」と気合い十分にコメントした。

 女子では64kg契約のタイトル戦に高橋奈七永(シードリング)がミャンマーのボクシング選手と対戦するほか、ノンタイトル戦の日本選手では渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)とバックボーン不明でプロフィールも無い謎の戦士・BAKIが出場する。

最終更新:6/15(木) 22:50
イーファイト