ここから本文です

(てんでんこ)皇室と震災:17 再会

6/15(木) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■弱い立場の人に尽くすのが務め。その思いや姿勢がますます強くなっていた。
 自衛隊ヘリは熊本空港から熊本県南阿蘇村へ飛んだ。2016年5月19日、熊本地震の被災地に向かった天皇陛下は、機内の窓から目を凝らすように被災状況を見ていた。
 騒音と振動で会話はできない。フリップで、崩落した阿蘇大橋や東海大学の学生が亡くなったアパートの現場の説明を受けると、皇后さまとともに黙祷(もくとう)を捧げた。
 「とても真摯(しんし)で、被災者の方々、特に犠牲者の方々への慰霊の気持ちが強かった」。同乗していた蒲島郁夫(かばしまいくお)知事(70)は話す。……本文:1,905文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社