ここから本文です

〔東京株式〕軟調=円高で売り優勢(15日後場寄り付き)

6/15(木) 13:00配信

時事通信

 【第1部】米国経済の先行き不透明感を背景にした円高を受けた売りが優勢となり、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに軟調な値動き。
 三菱UFJ、三井住友が安く、東京海上、第一生命や野村もさえない。トヨタ、SUBARUが下落し、ブリヂストンは軟調。ルネサスが大幅安で、東エレク、SUMCOや東芝は売り物がち。ソフトバンクGが下押している。半面、任天堂が年初来高値更新後も堅調を持続し、ソニーもしっかり。小野薬、武田が値を上げ、ファーストリテは底堅い。平田機工が上伸している。

最終更新:6/15(木) 15:28
時事通信