ここから本文です

モンチSD、主力安売りの意思なし 「ローマはスーパーマーケットじゃない」

6/15(木) 16:49配信

ISM

 ローマ(イタリア)のスポーツディレクターを務めるモンチ氏が現地時間14日(以下現地時間)、FWモハメド・サラーら主力を安売りするつもりはないと断言した。

 サラーには、リヴァプール(イングランド)が関心を持っているといわれており、個人合意に達したとの報道もある。

 モンチ氏はエウゼビオ・ディフランチェスコ新監督のお披露目となった14日の記者会見で、「あるイングランドのクラブがサラーに関心を寄せており、1つのオファーが届いている。しかし、値段を設定するは我々で、その値段で売却するかどうかも、我々が決める」「ローマはスーパーマーケットじゃないんだ。我々の目的は、前シーズンよりも良くなることだ」と主力を簡単に手放すつもりは毛頭ないと述べた。

 なお、ローマは今季のセリエAでクラブレコードとなる勝ち点87を獲得。しかし、王者ユヴェントスの牙城を崩すことはできず、4ポイント差の2位に終わった。(STATS-AP)

最終更新:6/15(木) 16:49
ISM