ここから本文です

韓国代表ソン・フンミンが骨折か プレシーズンも間に合わない見込み

6/15(木) 16:50配信

ISM

 現地時間13日(以下現地時間)の2018年W杯アジア最終予選で、負傷交代した韓国代表FWソン・フンミンが、腕を骨折していたようだ。14日付の英『デイリー・ミラー』紙(電子版)など複数メディアが伝えている。

 ソン・フンミンはアジア最終予選のカタール戦に先発出場。しかし、34分に相手選手と空中戦で競り合った際に、右腕から落下。激しい痛みを訴えベンチに下がっていた。

 同紙は、ソン・フンミンが右上腕を骨折した疑いがあると報道。所属クラブのトッテナム(イングランド)はまだ選手の状態を把握していないが、7月3日から始まるプレシーズンには間に合わない見込みのようだ。

 ソン・フンミンは、昨年9月にアジア人選手としては初となるプレミア月間最優秀選手賞を獲得すると、4月にも同賞を受賞。1シーズンで同賞に2度選出されるのは、トッテナムでは2014-15シーズンのケイン以来であり、チームの主力として優勝争いに大きく貢献した。

最終更新:6/15(木) 16:50
ISM