ここから本文です

コミュニケーションロボットの多言語対応を遠隔操作でサポート

6/15(木) 8:10配信

MONOist

 アスラテックは2017年5月30日、Forex Roboticsと共同で、コミュニケーションロボットの多言語対応を遠隔操作でサポートするシステムを開発したと発表した。

 同システムは、アスラテックのコミュニケーションロボット遠隔操作システム「VRcon(ブイアールコン)」をベースに、クラウド上のAIによる自然言語処理サービスを追加実装した。連携するクラウドの言語処理サービスは、多言語での翻訳や音声のテキスト化、テキストの音声化、機械学習によるFAQ回答といった機能を備えている。

 例えば、コミュニケーションロボットが受けた外国語の質問を日本語に変換してオペレーターに表示したり、オペレーターの日本語の応答を任意の外国語に変換してコミュニケーションロボットから発話させたりできる。また、コミュニケーションロボットが受けた質問の内容をクラウド上のAIが解釈し、回答候補をオペレーターに提示することもできる。

 同社では、このシステムを今後増加が見込まれるインバウンド需要に対応する業界を中心に提案していく。まずは、同システムを人型ロボット「Pepper」向けの遠隔操作システム「VRcon for Pepper」としてサービス展開していく。

最終更新:6/15(木) 8:10
MONOist